もみじ銀行住宅ローン

もみじ銀行住宅ローンについて、解説していきます!

 

では、

 

もみじ銀行住宅ローンとはどのようなローンなのでしょうか?

 

標準的な住宅ローンは3種類あり、そこからあなたに合ったものを借りることができる!


 

借り換え専用ローンや賃貸マンション・住宅専用ローン、無担保住宅ローンなど多岐にわたる住宅ローンがある!


 

フラット35が借りられる!


 

死亡時だけではなく、がんや心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、慢性腎不全、言語障害や運動失調などになった時にも、保険がおりるようにすることができる!


 

セカンドハウスにも住宅ローンを組むことができる!


 

以上のような特徴があります。

 

これらの特徴をご覧になって、

 

もみじ銀行住宅ローンについて少しでも興味が出という方は、

当サイトで、詳しく解説していきますので、ぜひご覧ください!

 

 

もみじ銀行住宅ローンの特徴やメリットは?

このサイトでは、もみじ銀行の住宅ローンについて、特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

 

 

もみじ銀行は、広島県広島市に本店を置く第二地方銀行です。

 

広島総合銀行とせとうち銀行が合併することにより設立された銀行で、2011年3月期現在の預金残高は2兆6000億円あまりと、第二地方銀行としては屈指の規模を誇ります。

 

銀行名である「もみじ」を頭文字に使った、「もっとみじかに!!じもと(地元)の銀行 もみじです」を経営ビジョンに掲げています。

 

 

もみじ銀行の前身の一つである広島総合銀行の沿革は、1923年に設立された廣島無尽株式会社まで遡ります。

 

その後、多くの無尽会社と合併し、1951年に株式会社広島相互銀行と商号変更しています。

 

1989年に普通銀行に転換し、株式会社広島総合銀行となりました。

 

もみじ銀行のもう一つの前身であるせとうち銀行は、1941年に呉無尽株式会社として設立しました。

 

1989年に普通銀行に転換した際、せとうち銀行に商号変更しています。

 

広島総合銀行とせとうち銀行は2001年にもみじホールディングスに株式移転、2004年に合併して株式会社もみじ銀行と商号変更しました。

 

現在のもみじ銀行は、山口銀行・北九州銀行とともに持ち株会社として設立した山口ホールディングスの傘下に属しています。

 

 

もみじ銀行で取り扱っている住宅関連ローンには、下記のような特徴があります。

 

 

多彩な住宅ローンラインナップ


もみじ銀行では、住宅ローンとして「T型」、「U型」、「V型」の3種類のラインナップが用意されています。また、借り換え専用住宅ローンや、フラット35、アパートローン、無担保住宅ローンなど、数多くの住宅ローンが提供されていることが大きな特徴です。また、住宅を担保として幅広い用途に使用することができる不動産担保ローンも利用することができます。

 

 

がん診断/8大疾病保証付き住宅ローン


3大疾病のうち、最も可能性の高いがんに特化した疾病保証をつけることや、8大疾病に対する幅広い保証をつけることができます。しかも、がん診断保証付き住宅ローンの場合には、加入条件さえ満たせば、保険料はもみじ銀行が支払ますので、申込者の負担はありません。

 

 

金利優遇プラン・条件変更手数料(半額)サービス


もみじ銀行では、給与振込口座に指定するなどの条件を満たせば、住宅ローン金利の引き下げ優遇措置を受けることができます。また、金利状態の変更や一部繰り上げ返済などの条件変更の際に必要となる手数料が無料となったり半額となったりするサービスを受けることができます。

 

もみじ銀行住宅ローンはどのような人に向いているのか?

こちらでは、もみじ銀行の住宅ローンには、どのようなメリットがあり、どのような人に向いているのか考えてみましょう。

 

 

【地域に密着したサービス】

 

もみじ銀行は、いわゆる第二地方銀行で、地元の広島県に密着したサービスを展開しています。

 

もみじ銀行の属する山口ファイナンシャルグループでは、「YMFG地域密着型金融推進計画の基本方針」を策定して、様々な地域密着型サービスを推進しています。

 

広島県に在住している人にとっては、大手都市銀行やネット銀行以外に住宅ローンを検討する金融機関として、有力な候補の一つだと思われます。

 

 

【がん診断/8大疾病保障特約付き住宅ローン】

 

もみじ銀行の住宅ローンでは、通常の団体信用生命保険に加えて、がん診断保障特約付き住宅ローンと8大疾病保障特約付き住宅ローンを選択することができます。

 

住宅ローンにこのような特約保証がついていること自体はあまり珍しくないのですが、もみじ銀行の住宅ローンでは、ローン申し込み者の負担がかなり少なくなっています。

 

がん診断保障特約付き住宅ローンについては、特約部分の保険料についてももみじ銀行が負担しますので、ローン金利の上昇などはありません。

 

 

また、8大疾病保障特約付き住宅ローンについては、もみじ銀行の新型住宅ローンでは、ローン申し込み時の年齢によって、0.1〜0.2%の金利上乗せとなります。

 

多くの金融機関の場合、0.3%程度の金利上乗せとなるケースが多いことに比べると、割安な保険料で幅広い保障を得られるという利点があります。

 

このように、団体信用生命保険にがん特約や8大疾病特約を付加して、病気により就業できなくなるかもしれないリスクに備えたいと考える人に、もみじ銀行の住宅ローンはお勧めです。

 

 

【セカンドハウスや賃貸住宅のローン】

 

一般的な住宅ローンでは、セカンドハウスや賃貸住宅の取得を目的とした住宅ローンは組めないケースが多いですが、もみじ銀行では、それらの住宅についてもカバーしています。

 

まず、セカンドハウスの取得については、一般的な住宅ローンである新型住宅ローンを充てることが可能です。

 

また、賃貸住宅などの取得については、アパートローンが用意されています。

 

アパートローンは、条件にもよりますが、最高2億円の融資を受けることも可能です。

 

また、アパートローンについては金利優遇を受けることはできませんが、ベースとなる規準金利は新型住宅ローンと同じです。

 

従って、セカンドハウスや賃貸住宅など、一般的な住宅ローンの範疇にはいっていない住宅の取得を考える人に、もみじ銀行の住宅ローンはお勧めです。

 

もみじ銀行住宅ローンのデメリットや落とし穴は?

いつかはマイホームを建ててローンを考えている方は、完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

普通は、25年や35年といった決まった期間で申請するのですが現に、25年や35年かかる方は半分程度だそうです。

多くの方が、10年以内に返済することを目標としています。

決まった月に振り込まれる賞与などを返済に充てる場合には、まとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

目の前の生活だけでなく、今後の見通しも検討した上で長く続けられるように計画を見直しましょう。

迷った時は評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。

両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、1割である11万円を税金として払う必要があります。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。

マイホームの購入を考えた時一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。

たくさんある金融機関、どこでも申し込み可能なのでせっかくなら評判を気にして選びたいところです。

その際、参考にしたいのが口コミサイトです。

サイト内は資金に関係する事柄だけでなく従業員の態度や店の雰囲気まで細部にわたって書かれていたり、星の数で点数を表している場合もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって大変良い参考例になるかと思います。

家を建てるために必要なローンがいくつかあるのですが、中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。

分りやすく言うと、住宅のための借入れが始まるまで不足分を応急的に、借りることで補うローンの事なのです。

原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。

なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、後悔しない計画を立てられるように詰めていきましょう。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、月に返すお金が減るのでとても楽になります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

今の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、今注目されている商品がどのような物なのか分らず、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

参考:自営業・経営者の住宅ローンQ&A【審査通らない・審査落ちしたら?】

どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、アドバイスを受けるためだけにお金を払いたくない方が多いです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多くお金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は借入れ以外に、火災保険の加入を勧められるでしょう。

ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、また別にお金がかかるのは嫌だと思う方も多いでしょう。

ですが万が一、火災で家を失ってしまった場合、月々の支払いを安くするために申請しなければ、家が無くなっても支払いを余儀なくされます。

万が一何かあっても対処できるように、申請していれば貴方もローンを貸した側も負担を背負うことなく済むのです。

なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

新築を購入したばかりで住宅ローンもあるのに離婚される方は、返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。

ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べこれから先、後悔しない選択をしていく必要があります。

多少なりともお金に換えるために家を売り渡す場合には、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、返済を余儀なくされてしまうケースが多いです。

こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えている方も多いでしょう。

借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。